季節ごとの年中行事、歳時記や旧暦、旬の花や野菜、くらしの知恵、イベント情報などをお届けしながら、毎日をちょっぴり豊かに生きるヒントをお伝えしたいと思います。

【きせろぐ】〜季節の行事と旬のブログ〜

節句

「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)とは?「春の七草」の意味と七草粥の楽しみ方

投稿日:2017年9月8日 更新日:

出典:http://www.misbit.com/recipe/mid001940.html

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」です。七草粥を食べて健康を祈ることから、「七草の節句」とも呼ばれています。

「七草粥の日」としてはよく知られていますが、「人日(じんじつ)の節句」とは聞き慣れないかもしれません。

今回は、「人日(じんじつ)の節句」の意味と、春の七草、七草粥の楽しみ方についてまとめました。

「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)とは?

「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)は「五節句」のうちのひとつで、1月7日に当たります。

(五節句についてはこちらの記事をご覧ください)
→節句とは?代表的な五節句の意味と由来

この日は「七日正月」といって、朝食に七草を入れたお粥を食べてお祝いします。そのため、「七草の節句」とも呼ばれています。

「芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)」といった、春の七草を入れて炊いたお粥を食べると健康になり、邪気を祓うと言われています。

1月6日の夜から7日の朝にかけては「六日年越し」「六日年取り」と呼び、元日から続いてきた正月の行事を終わらせる、松の内最後の日として祝われていました。

この日に七草粥を食べるのは、お正月に疲れた胃腸を休める意味もあり、理にかなっていたのです。

なぜ「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれるの?

「人日(じんじつ)」という名称は、中国の風習からきています。

昔中国では、1月1日は鶏の日、2日は狗(犬)の日、3日は猪の日、4日は羊の日、5日は牛の日、6日は馬の日として、それぞれの動物ごとに占いをし、その日はその動物を殺さず大切にする習慣がありました。

そして7日は人の日として、人を刑罰にかけないようにしたといいます。そこで、1月7日を「人日(じんじつ)の節句」と呼ぶようになりました。

日本には江戸時代に伝わり、七草粥を食べて無病息災を祈る風習として今も続いています。

春の七草は何?それぞれの意味と健康への効果

出典:https://matome.naver.jp/

「七草粥」は健康のためのおまじないのような意味もありますが、実は春の七草にはそれぞれ薬効があり、実際に健康に効果があります。

七草それぞれの効果をご紹介します。

芹(せり)

独特の強い香りが食欲をそそります。鉄分や食物繊維が多く、貧血や便秘の解消に効果的です。

薺(なずな)

薺(なずな)はぺんぺん草の別名です。よく見る雑草ですが実は薬草で、利尿作用・止血作用・解熱作用、血圧を下げる作用があります。

御形(ごぎょう)

御形(ごぎょう)は母子草(ははこぐさ)の別名です。咳やのどの炎症に効果があり、風邪予防になります。

繁縷(はこべら)

柔らかい葉に小さな白い花をつけます。タンパク質やミネラルが含まれている栄養豊富な薬草で、利尿作用もあるといわれています。

仏の座(ほとけのざ)

座布団のような丸い葉にピンクのかわいらしい花を咲かせます。食物繊維が豊富で、食欲を増進し、胃を丈夫にします。

菘(すずな)

蕪(かぶ)の別名です。漬物やお味噌汁の具として食べます。
消化酵素であるジアスターゼを含んでいるので、消化を促進し、解毒効果があります。

蘿蔔(すずしろ)

「清白菜(すずしろな)」という意味で、大根の別名です。せきやたんを抑え、消化促進、便秘解消効果もあります。

とっても簡単!七草粥のレシピ

手軽に作れる七草粥のレシピをご紹介します。

【材料(2人分)】
・ご飯1杯分(150g)
・水 3カップ
・七草 適量
・塩 小さじ1

1・買ってきた(または摘んできた)七草を細かく刻みます。七草の代わりに青葉や大根の葉、小松菜などをつかってもOKです。

2・鍋にご飯、水、塩を入れて火にかけます。

3・鍋が煮立って来たら弱火にし、10分ほど煮込みます。

4・刻んだ七草を鍋に入れます。

5・ひと煮立ちしたら、出来上がり。

食べるときは、好みでごまや醤油を少しかけたり、塩昆布やつくだ煮を添えてお楽しみください。

まとめ

「人日(じんじつ)の節句」の由来と七草の意味、いかがでしたか?

雑草のように見える七草でも、それぞれにきちんと薬効があり、組み合わせて食べることにはちゃんとした意味があったんですね。

自然の恵みを身体にとりいれて、お正月に疲れた身体をしっかり癒やしたいですね。

以上、「人日(じんじつ)の節句」の由来と楽しみ方をまとめました。

[スポンサーリンク]


-節句

Copyright© 【きせろぐ】〜季節の行事と旬のブログ〜 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.