四季と自然と日本のことば。手作りスローライフやキャンプなど。興味のあること、気になることを記事にしながら、暮らしを豊かにするヒントをお届けします。

【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜 

その他

アベノマスクを寄付しました。寄付先、送料、寄付するときのポイントは?

投稿日:2020年4月29日 更新日:

アベノマスクが届いた!

コロナウイルス政策で、政府からマスクが配布されていますね。私も昨日、アベノマスクが届きました!

形は昔ながらのものですが、けっこうしっかりしたマスクです。裏はこんな感じ。短期間で製作したのに、説明書きがあったり、QRコードがついていたり、しっかり作ってあるなと思いました。

個人的には私は、自分で購入した布マスクを使用しているので、とくにアベノマスクの使用予定はありません。

「不要な方を寄付を!」というような情報をネットで見たので、寄付先を探すことにしました。

[スポンサーリンク]



寄付先を決める

色々な人が寄付先をリストアップしていますが、私はその中から、新宿区のホームレス支援団体に決めました。

ホームレス支援の新宿連絡会

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-6-10関ビル106号 新宿連絡会

電話03-6826-7802(平日9時-5時)

こちらに決めた理由は、以前、新宿近辺に住んでいて、新宿駅のホームレスの人たちの様子を知っていたのと、小さい頃、猫を拾ったときに、ホームレスの人に親切にしてもらったことがあったからです。

寄付先をどこにしたらいいか分からない、という人もいるかもしれません。私は他愛もない理由で決めましたが、必要としている方はたくさんいると思うので、ご自身が関心のある場所、身近に感じている場所へ送るといいんじゃないかと思います。

寄付をするときは、ホームページなどで寄付の受付方法などを確認しましょう。寄付先は人手が足りなかったり、大変な現場のことが多いので、間違った送り方をして困らせてしまったら、本末転倒だと思うのです。

「新宿連絡会」については、ホームページを見たところ、寄付を受け付けていたので、郵送でマスクを送ることにしました。

[スポンサーリンク]



封筒のサイズ

封筒は、たまたま家にあったA5・角型5号の封筒がぴったりでした。こちらはダイソーで購入したものです。

アベノマスクがパッケージごと、ちょうど収まります。あ、寄付するマスクは未開封が基本です。

そのままさらっと送ろうかと思っていましたが、開封される方のことを思って、なんとなく、ちょっと一筆入れました。

郵便料金

郵便料金を調べてみると、角型5号だと定形外(規格内)になるようです。

定形外(規格内)の普通郵便は、重さ50gまでは120円とのことです。

アベノマスクを入れてキッチンスケールで測ってみると、40gでした。

50g以内なので、郵便料金は120円になります。今回は1人分(2枚入り)だけを寄付しましたが、複数人分を送る場合はまた変わってくると思うので、重さを測って確認してください。

ちなみに角型5号封筒には2人分(2パック)くらいは入りそうでした。

古い切手が余っていたので、130円分貼っちゃいました。

宛名書きはこんな感じです。先方の様子は分からないのですが、少しでもスタッフの方の手間が省けるかもしれないと思い、中身何かがすぐ分かるように「寄付品在中」と記載しました。

万が一、郵便料金が足りなかったら迷惑をかけてしまうので、念の為、私はポスト投函ではなく、郵便局窓口に持っていきました。

 

まとめ

アベノマスクを寄付するときのポイントについてまとめると、

  • 寄付するマスクは未開封のもの
  • 寄付を受け付けているか確認する
  • 1パックなら角型5号(A5)封筒
  • 角型5号、50g以内なら送料は120円

という感じです。

また、寄付品が届いたかどうかの問い合わせは控えた方が良いようです。寄付品が届いても、問い合わせ対応で人手が足りなくなったら本末転倒なので、当たり前ですね。

以上、これから寄付をしようかな、と思う方は、ぜひ参考にしてください。

使用予定のなかったマスクですが、ちょっとでも必要な人のもとへ届いて、お役に立てたら嬉しいなと思いました。
[スポンサーリンク]



-その他

Copyright© 【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜  , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.