四季と自然と日本のことば。手作りスローライフやキャンプなど。興味のあること、気になることを記事にしながら、暮らしを豊かにするヒントをお届けします。

【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜 

キャンプ 料理

ごはんクッカーで!さば味噌煮缶で簡単炊き込みごはん

投稿日:

トマトリゾットに引き続き、お家でごはんクッカーシリーズです(笑)

ごはんクッカーで超簡単!まるごとトマトのリゾット風

トマトリゾットのレシピもそうですが、ごはんクッカーじゃなくて普通の炊飯器や(炊飯器ならもう、調理は入れるだけだね笑)土鍋でも出来ます。

トマトリゾットのレシピに続いて、今回も「まるごと入れるだけ」シリーズです(笑)さば味噌煮缶のタレごと入れて使うので、味付けもする必要がありません。簡単で美味しいですし、お家ではもちろん、キャンプでも気軽に作れると思うので、試してみてください!

ちなみに、ユニフレームのごはんクッカーは、炊飯に特化してキャンプ用クッカーです。キャンプだけじゃなくて、お家でもがんがん使えるので、おすすめです。

 
[スポンサーリンク]



 

材料

材料(1〜2人分)は、

  • お米 1合
  • 水 適量(さば缶を入れてから測る)
  • さば味噌煮缶 1缶
  • ネギ小口切り 1/2本分くらい
  • しょうがすりおろし(もしくはチューブしょうが) 小さじ1

です。

ごはん1合に対して、サバ缶1缶で味付けちょうどいい感じです。ネギはお好きな方はいっぱい入れてください。ちなみに、写真では生姜まるごと撮っていますが、生姜こんなにたくさんは入れません(笑)

作り方

まず、洗ったお米1合を、ごはんクッカーに入れます。

そのお米の上に、サバの味噌煮缶をタレごとぜんぶ入れてしまいます。サバは大きい塊で3つくらい入っているので、適当にほぐします。

この状態ではなんだか、猫まんまにしか見えませんが(笑)ちゃんと美味しくなるので、大丈夫です!!

そこへ、おろし生姜を加えます。

私はこのくらい、入れました。生姜はチューブでももちろんいいし、あとすり下ろしではなくて、細切りにして多めに入れても、鯖とよく合っておいしいです。

サバ缶を入れた状態で、ごはんクッカーの目盛りまでお水を入れます。ごはんだけのときより、サバ缶の分、ちょっとお水が少なめになる計算です。

水を入れたらなんだかますます猫まんまですが(笑)心配しなくて大丈夫です!!

お水を入れたら、フタをして、沸騰するまで中火にかけます。

しばらくすると、ゴボゴボ音がしてきました。フタを空けてのぞいてみると・・・

沸騰していました!そうしたらフタをして、最弱火にします。

最弱火のまま、このまま10分〜15分ほど炊きます。

***

10分後、ふつふつという音が静かになってきたので、ちょっとのぞいてみます。

う〜ん、ちょっとびちゃっとしている印象です。

炊飯が足りないかどうかは、鍋の内側のごはんと接しているところ(ごはんの周りの部分)が水っぽくて、ぶくぶくとしているかどうかで分かります。

ちょっと水っぽかったら、フタをして、もう少し火にかけます。ここで強火にしてしまうとすぐに焦げてしまうので、焦らない、焦らない。

***

約5分後、またフタを空けてみます。

ふっくらとして水っぽさがなくなってきました!充分に炊けたら、火を止めます。

この火をとめる目安はちょっと、やってみないと分からないかもしれませんが、まあ、多少焦げてしまっても美味しいので、心配しなくていいです。

火を止めたら、フタをしてこのまま10分ほど蒸らします。

***

蒸らし終わったら、ネギを入れて、

全体をよく混ぜます!

ネギの量はお好みで。ちなみに、私は上の写真の量では足りなかったので、この倍くらい入れました(笑)

全体をよく混ぜたら、できあがりです!!

[スポンサーリンク]



まとめ

今回は家での料理なので、ちゃんとお吸い物もつくってみました。ちゃんと人間らしいごはんになったでしょうか?(笑)

食べていて思ったんだけど、山椒とかあればかけると美味しいと思います。

味付けは本当に、さば味噌煮缶におまかせなので、料理初心者の方でも簡単だと思います。水煮缶でもいいけど、味噌煮缶の方がしっかり味がついてぜったいに美味しいので、味噌煮缶をおすすめします。

ちなみに私は、さば味噌煮缶をストックしておいて、料理したくないときはいつもこれを作っていました(笑)

まとめ買いならネットがおすすめ。個人的には、国産のものが美味しくて、安心だと思います。

ごはんの炊き方のコツは、こちらの記事を参考にしてください。

ごはんクッカープラスでご飯を炊く!コツやお水の量は?

洋風がお好みの方は、こちら。

ごはんクッカーで超簡単!まるごとトマトのリゾット風

キャンプでも家でも、料理をしたくないときでも(笑)役立つレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね!

 
[スポンサーリンク]



 

-キャンプ, 料理

Copyright© 【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜  , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.