四季と自然と日本のことば。手作りスローライフやキャンプなど。興味のあること、気になることを記事にしながら、暮らしを豊かにするヒントをお届けします。

【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜 

キャンプ

7月初旬、戸隠イースタンキャンプ場でまったり2人キャンプ&戸隠神社五社巡り

投稿日:2019年7月10日 更新日:

7月第一週の土・日・月の3日間、戸隠イースタンキャンプ場でカップルキャンプをしてきました。

もともとはすぐ近くの戸隠キャンプ場に行く予定だったのですが、
なんとなく近くのこちらを調べたら案外穴場&料金がお安いようだったので、こちらに行ってみました。

戸隠イースタンキャンプ場の様子

管理センターはこちら。受付で地図と注意事項を貰います。

戸隠神社の観光も予定していたので、近隣マップとおすすめのそば屋さんを教えてくれました。

オートキャンプの料金は、
車1台+テント1張+タープ1張で、1泊3,800円

安っ!!
薪も一束600円で購入できます。

 

キャンプ場全体はそんなに大きくなく、車でゆっくり回っても10分くらいで一周できるくらい。

水洗トイレは中央に一箇所のみ。他のトイレは汲み取り式ですが、キャンプ場がそんなに大きくないので、どこにテントを張っても水洗トイレまでは歩ける距離です。

土曜日の夕方に到着したのですが、まぁまぁ人はいました。

入り口付近にゴミ捨て場。

シャワールームもありました。

中央にある水洗トイレはこんな感じ。女性トイレは普通でしたが、男性トイレは個室のみだったみたいです。

点在している汲み取り式トイレはこんな感じ。私は使用していないのですが、彼によると、「四尾連湖よりキレイで使いやすい」そうです。

バンガローエリアはこんな感じ。この土日は空いているみたいでした。


キャンプサイトはこんな感じの林間サイトです。これは、土曜日に私たちのテント付近から撮った写真ですが、まあまあ、ゆったりしてますよね?

私たちのすぐ後ろにソロキャンやカップルの方、中央の水洗トイレが近いエリアにはグルキャンの方もいらっしゃいましたが、みなさんマナーの良い印象でした。

私たちのテントサイト。タープ初デビューです!

 

ちなみにこの写真は日曜の午前中に撮ったのですが、土日泊の方々がチェックアウトしたあとで、一時的に貸し切り状態に。うひょ~!!

小雨が降っていましたが、焚き火をしながらのんびりできました。

 

炊事場はこんな感じ。簡易的なものですが、きれいです。流しには何もありません。焚き火台を洗うのに、タワシを持っていくのを忘れました。。。

 

・・・と思ったら、日曜の夕方に観光から帰ってきたら、私たちのすぐ後ろに若者3人グループが来ていて、音楽を大音量でずっと流していました。音楽禁止なのに!!夜の10時を過ぎても音楽を止めず、仕方なくテントを少しだけ移動して、耳栓をして寝るはめに。管理人さんも夕方までなので、気が付かなかったのでしょう。

他のキャンパーさんたちはマナーが良かったので、たまたま運が悪かったのだと思いますが、二度とこんな思いは嫌です。これを機に、キャンプ場を慎重に選ぶようになりました。

 

今回のキャンプごはん

そうとはいえ、2泊なので午前中のんびりしながら、

朝ごはんにベーコンエッグをつくったり、

ベーコンエッグのベーコンは今回も手作り。
こちらの記事の方法で作りました↓

オーブンのみ・無添加手作りベーコンの作り方!!簡単おいしいレシピ


彼氏が二度寝をしている間に肉(ハーブチキン)を焼いたり、

 

ごはんクッカープラスで無水カレーをつくったり、もちろんご飯も炊いたり

いつもキャンプでは、夜ごはんの「肉祭り」(バーベキューです)がメインなのですが、いつも暗くて写真が取れず。。。

でも今回も、色々作って美味しいキャンプになりました!

戸隠神社など周辺の観光スポット

周辺の観光スポットには戸隠神社など見どころ満載で、

私たちは、戸隠神社の五社を、御朱印を貰いながら2日かけて回りました。

 

五社巡りは車でも回れるのですが、駐車場が少なかったりするので、ちょっと大変だけど歩いて回りました!

下から順番に、1日目は、宝光社、火之御子社、中社。2日目は奥社、九頭龍社。

全部の写真はないのですが、中社の入り口はこんな感じ。

 

この奥にさらに、長くて急な階段があって、そこを登ったらやっと中社。

 

↑彼氏の後ろ姿が神々しい(笑)

 

↑社と社は、車が通る道路の他には、こういった「神道(かんみち)」で繋がっていて、歩いてもいけます。

 

↑こんな感じの巨大な杉の木が何箇所かあった!

1日目は3社廻るだけでヘトヘトになったので、神告温泉「湯行館」で一休み。

…と思いきや、温泉のお湯がかなり熱くて、5分ぐらいしか入れなかった(笑)

↑入り口にめっちゃかわいいこの犬がいるんだけど、この犬に注意!!(笑)
尻尾を振ってなついてくるのですが、「引っ張りっこ」が大好きみたいで、私の着替え袋を咥えたまま離してくれず、5分ぐらい本気で引っ張りっこするハメに!!最終的には温泉の息子さん(?10歳くらいの)が、助けてくれました。焦った〜!!

 

一晩寝て、二日目は早起きして、早朝の鏡池を見に。

 

キャンプ場から車で10分くらいで行けます。天気がそんなに良くなかったけど、それでもすごく幻想的でした。

 

チェックアウトのあとは、五社巡りの続きで、奥社を目指します。

有名な熊杉の参道は、奥社に行く途中にあります。ここだけでも見る価値ありかも。

 

かなり神々しいです!小人ごっこをして何度も写真を撮りました(笑)

 

奥社に行く道はほとんど登山です。しかも岩山登山です(笑)運動できる格好で行くこと、水分をしっかり取ることをおすすめします。というか、かなり高齢者の人に何人も合ったけど、脚大丈夫なのか!?

 

奥社に行く道が険しすぎて、到着したあと写真をとるのを忘れました。

 

でも参道に行く道の両側には、ずっと湧き水が湧いていて、

 

本当にずっと気持ちよくて、山野草に足を止めながら行きました。ちょっと大変だったけど、あっという間でした。

 

五社めぐりを完了したあとは、鏡池の近くにあるお蕎麦屋さん「そばの実」でお蕎麦を頂きました。

 

お店の雰囲気も落ち着いて上品な感じで、お蕎麦もものすご〜く美味しかったです。梅おろしそばを頼んだのですが、まるで戸隠の清らかの清流を食べているよう(笑)。本当にのどごしが気持ち良くて、美味しかったです。

 

まとめ

以上、今回の戸隠キャンプをまとめると、

・戸隠イースタンキャンプ場はリーズナブルで落ち着いた穴場スポット・キャンプ場周辺は観光スポット盛りだくさんなので、2泊以上がおすすめ

・五社巡りはかなりハード!動きやすい服装で、2日に分けて廻るのがおすすめ

・戸隠のお蕎麦は美味しすぎる

 

2日目夜だけ、うるさいグルキャンと当たってしまい残念でしたが、キャンプ場は総じて環境が良く、戸隠の自然がいっぱいで、気持ち良く過ごせました。

五社巡りもめちゃくちゃ良かった!!パワーチャージ出来ました。

標高が高いので、夏でも涼しい戸隠、ぜひまた来たいと思いました。

 

-キャンプ

Copyright© 【きせろぐ】〜季節と暮らしのブログ〜  , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.